特産品

自然に恵まれた稲武には名産もいっぱい。懐かしいふる里の味から健康食品まで稲武ならではのものばかりです。
あなたのお気に入りはどれですか?

豆みそ・生引たまり

大豆と塩を使用して、古式の手造り醸造で造った「豆みそ」「生引たまり」です。
昔ながらの素朴な豆の味が好評です。

こちらで購入できます

アイレッジとみなが


ブルーベリー

ブルーベリー入りの商品開発に取り組んでいます。
どれも美味しいですよ。ぜひ、ご賞味ください。

・漬け物(ブルーベリー入り)
・ブルーベリーうどん
・うどんつゆ(ブルーベリー果汁入)
・ブルーベリー酢(200ml)飲料
・ブルーベリードレッシング
・ブルーベリージャム&ソース
・ブルーベリーゼリー

こちらで購入できます

道の駅どんぐりの里いなぶ(どんぐり横丁)


五平餅

五平餅(ごへいもち)は木曽・伊那地方から岐阜、東海・三河・南信濃(いわゆる三遠南信地方)に伝わる郷土食で、潰したご飯を串焼きにしたものです。

木曽・伊那地方から、岐阜、三河、南信地域に伝わる郷土料理のひとつ。もちろん、豊田市にも古くから伝わっていて、私たちの「ふるさとの味」となっています。市内で開催されるイベントのほとんどで、五平餅のお店が出店されています。手軽さと同時に、香ばしいタレの香りと、ホクホクの美味しさが魅力。地区やお店によって味わいや形が異なるため、お土産にもぴったりです。
春と秋に山の神に供えられ、また人が集まる時には五平餅でもてなすのが古くからの習慣となっています。

神様に捧げる「御幣」のカタチをしていることから、この名前が付いたとか。江戸時代中期頃、お米が貴重だった時代に、祭りやお祝いの場で神様に捧げられ、食べられていたとも言われています。

稲武エリアで五平餅を購入出来る店舗は下記サイトをご覧ください。
http://www.toyota-go-hey.jp/tenpo/tenpo_inabu.html

こちらで購入できます

道の駅どんぐりの里いなぶ(どんぐり横丁)中乃屋マルエイいろりの宿 亀甲苑


からすみ

うるち米の米粉、砂糖、塩だけで生地を練って蒸し上げる、豊田市稲武エリアをはじめとする奥三河の伝統のお菓子。
この地域では旧暦にひな祭りが行われる風習があり、そのお供えとして各家庭でつくられていたものだそう。

こちらで購入できます

大米屋かっちゃん道の駅どんぐりの里いなぶ(どんぐり横丁)


山ごぼう漬け

自家製の山ごぼうを味噌漬けにした一品。
山ごぼうは里ごぼうと異なり繊維質が細かく、パリパリとした歯切れの良さとその風味が特徴です。
昔から贈答用としての引き合いも多く、稲武土産の代表格ともいえる味。

こちらで購入できます

どんぐり横丁小澤商店


うどん

全て天日干しで無添加の麺を製麺しているお店。
とくに太切うどんは食べ応えもありオススメ。
稲武でしか買えないために幻のうどんとも言われていて、お歳暮などの贈り物として購入される方も多いとのこと。

こちらで購入できます

末広家道の駅どんぐりの里いなぶ(どんぐり横丁)


乾燥椎茸

こちらで購入できます

どんぐり横丁


和菓子

こちらで購入できます


しし鍋

猪の肉を用いた鍋料理のことで、「ぼたん鍋」と呼ばれることもあります。
鍋の中で野菜と猪肉を一緒に煮て食べるのが一般的であり、味付けは地方によって異なり、味噌味や醤油味などが多いです。

こちらで購入できます

温泉旅館 岡田屋中乃屋


パン

土日には行列ができるほど人気の商品。米粉は稲武産の「ミネアサヒ」を使用。
モチモチの食感がたまりません。
食パン、あんパン、クリームパンなどの定番商品の他に、やまごぼうパン、カレーパンなどの季節限定商品も人気。

こちらで購入できます

道の駅どんぐりの里いなぶ(どんぐり横丁)


ミネアサヒ(米)

愛知県奥三河地方の標高300~550メートルの高原地帯で育まれたお米です。やや小粒なミネアサヒは高級料亭の寿司シャリ用としても好まれています。

こちらで購入できます

道の駅どんぐりの里いなぶ(どんぐり横丁)